ブログ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 

2020年 4月 9日 休館初日!!

こんにちは!
 
せんげん台校が休館に
 
なってから1日が過ぎました。
 
勉強の進捗はどうですか?
 
いろんな生徒に電話して確認したのですが、
 
「家だと集中できません」
 
「校舎の方が勉強できます」
 
という人が続出しています。
 
悲しい!!
 
僕もできることなら校舎を開けて
 
みんなと会いたいですが、
 
いまは我慢です。
 
みんなでコロナがなくなるまで
 
耐え忍びましょう!!
 
 
そこで、
 
今日から毎日の
 
MVP生徒
 
をこのホームページで
 
表彰
 
することにしました!!
 
明日から掲載されるので
 
みなさん一緒に
 
勉強がんばりましょう!!
 
 
 
 
 
以上
 
慶應義塾大学
経済学部4年
熊谷征洋でした。

 

 

2020年 4月 7日 小言①

担任助手の宮広です。最後です。

受験生になった皆さんはこの春休みやりきることができましたか?

できた人はこれからもそれを続けてもらえれば結構です。

堕落してしまったと言う人は、焦っていますか?焦ってください

夏休みは短いです。夏休みで全てやろうとしないで、

今から毎日コツコツ進めましょう。

何が必要かはわかってるはずです。

わかってない人のことは知りません。なんとかしてください。

これは東進生にもそうでないひとにも言えることです。

東進生は担任助手の先生方の言うことをよく聞いて、

計画通りに進めれば良いでしょう。

このご時世どうなるか分かりませんが、

合格に向けてがんばってください。

理系の人へ
今のうちなら1日化学、1日数学でも全然OKです。
時間をかけても構いません。悩んでください。
このときに培った力が合格に導きます。
 
以上 早稲田大学先進理工学部1年
宮広直樹でした。

 

 

 

2020年 4月 5日 分析の大切さ

こんにちは

担任助手の山田です。

受験本番まであと10ヶ月を切り、

皆さん受験勉強に

精を出していること思います。

私は高校2年になるときに

東進に入学し、

生徒2年間、

担任助手2年間の

合計4年間、

東進に身を置いてきました。

その4年間を振り返り、

私が受験で1番大切だと思うこと

今日は話します。

私が思う受験で1番大切なことは、

「分析」

です。

皆さん、定期的に模試を受験していると思います。

受験後、

何をしますか?

復習して終わり、

になっていませんか?

たしかに復習はとても大切です。

復習しないと今後似た問題が出てきたときに

解けませんからね。

ただ、

復習すると同時に分析をしてほしい。

目標と自己採点の差は何点なのか?

その目標との差は

何が原因で生じてしまったのか?

その差を埋めるために、

いつまでに何をどのようにして

勉強していくのか?

これを科目ごとに考えて

実行に移してください!

それが模試を最大に活用する方法であり

第一志望への1番の近道です!

模試ももちろん、

過去問でも分析を徹底してください!!

過去問を解く前に目標を設定して、

過去問を解いたらそのたびに復習

分析を徹底してください!

残り受験までおよそ9ヶ月半

頑張ってください!

本日の担当は、

芝浦工大 工学部 3

山田凌一でした。

 

 

 

2020年 4月 4日 高校生に伝えたいこと

こんにちは!
担任助手の小宮山です!

4月になりましたね。
せんげん台校では新しい担任助手の先生が増え、

受付にフレッシュさと賑やかさが加わりました。
生徒だった子が大学に合格して

担任助手として一緒に働くことになる

この季節を2回経験しましたが、

とても嬉しい気持ちになります。
新しい担任助手のブログも

もうすぐアップされると思いますのでお楽しみに!

私は、高校時代+担任助手の合わせて

約4年半の東進生活で

自分を含めた多くの受験生を見てきました。
今日はその経験を踏まえて、

受験を成功させるために

一番重要なことをお話ししたいと思います。

受験を成功させるために一番重要なこと。
それは『素直さ』です。

みなさんは

学校の先生や担任助手にアドバイスされたことを

“素直に” 実行していますか?
「そんなの意味ない」「自分のやり方があるから」

と最初から否定したりしていませんか?

もちろん、

言われたことを何も考えずにただ実行しろ

と言っているわけではありません。
しかし、

周りがアドバイスするときには

必ず理由があります。

その理由と今の自分の状況を考慮して

必要だと感じたアドバイスには”素直に”従い、

実行してみましょう。
自分に合う、合わないは

もちろんあるとは思いますが、

それも試してみないとわかりません。

また、

親をはじめとした周りの応援してくれている人に

“素直に”感謝をすることもとても大切です。
受験は個人戦ではなく、

周りの支え

があってこそです。
常に感謝の気持ちを忘れずに、

態度や言葉で示しましょう。

こうした『素直さ』を持っている受験生が

受験で成功する確率がとても高いです。

“素直”な気持ちを忘れずに

第一志望合格まで走り続けてください。

今日の担当は、

中央大学文学部3年

小宮山由莉でした。

 

 

2020年 4月 3日 スタートダッシュの重要性

こんにちは!

最近コロナの感染者数が増えてきて

不安で不安で仕方が無い大塚です。

先日、大塚模試を実行したあと

3月入学者対象に

スタートダッシュの重要性について

HRを行ないました!!

特に受験生は受験まで一年を切っており

周りとの差埋めるためには

圧倒的なスタートダッシュが必要不可欠です!

圧倒的な努力の内容は

受講・高マス・修判

を徹底的に取り組むことです!

これらは毎日のように担任助手から言われている

当たり前のことですが、

当たり前のことをないがしろにせず、

目の前のことに全力で取り組んでいきましょう!!!

今日の担当は

中央大学1年

大塚幸美でした!

 

最新記事一覧

過去の記事