ブログ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 

2019年 8月 24日 東進模試前日

こんにちは。
担任助手の、宮廣です。
大学の夏休みは長く、
あと約一ヶ月もあります。
とはいえ、
夏休みも折り返し、
どこに行くと言うこともなく、
ただ家で1人静かに
過ごしてきました。
なのに、
この先の予定は無いまま。
カレンダーの予定が埋まる日は
来るのでしょうか?

さて、高校生にとっては
夏休みも残すところ
あと7日ほどとなり、
夏休みの宿題も
受験勉強も追い込みの時期に
入ってまいりました。
明日には、
この夏までの勉強の
成果が試される、
センターレベル模試
開催されます。
東進に3年間通っていると、
夏の終わりの
センター模試というのが、
もはやルーティンとして
組み込まれるようになります。
生徒は、志望校合格という
大きな目標を達成するため、
模試を受験の中間試験として
自分の学力を測ります。
特に今回の模試で、
受験生は
センター試験の目標点を
突破しなくてはなりません。
なぜなら、
これから2次・私大の過去問演習
入っていかなければ
間に合わないからです。
受験生にとって
この模試は、
センター試験試験と
ほとんど同じ意味をもつ
と言ってもいいでしょう。
高1、高2生にとっては
この模試はとても
貴重なものとなります。
高1、高2では
そもそも模試の回数が少なく、
センターレベルの模試は
ほとんどありません。
来年から共通テスト
変わりますが、
求められる技能は
センター試験で試されるものと
変わりありません
(スピーキング、ライティングを除く)。
なので、
この模試を全力で
受けてもらいたいのです。
模試の受験生は、
前日となってしまいましたが、
英語ならば単語だけでも
完璧にする。
数学なら定理を再確認する。
国語であれば漢字を覚える。
できることは、まだあります。
今日一日、明日のために
悔いのないように
過ごしましょう。

以上、本日の担当は
早稲田大学先進理工学部
宮廣直樹でした。

 

2019年 8月 21日 

こんにちは!
 
筑波大学医学類の齋藤です。
 
今日はみなさんに
 
東進の過去問演習講座について
 
紹介したいと思います。

過去問演習講座とは、
 
その名の通り自分の志望校の
 
過去問を解く講座なのですが、
 
東進では
 
解いた解答用紙を
 
提出すると、
 
数日後に添削されて
 
返ってきます。
 
また、解答用紙提出後には
 
解説授業
 
見られるようになるので、
 
解答用紙提出→
 
解説授業を受けて復習→
 
解答用紙が添削されて返ってくる→
 
もう一度自分で完璧な解答を作って提出→
 
再び添削されて返ってくる
 
という流れで過去問演習を行います。

東進では夏休み中に
 
志望校の過去問を
 
10年分終わらすことを
 
目標に掲げています。
 
なぜならば、
 
過去問10年分を
 
どれだけ早く終わらせられるかで
 
合格率
 
大きく変わってくるからです。
 
そのため、せんげん台校では
 
現在多くの生徒が
 
毎朝8時に登校し、
 
過去問の
 
演習復習
 
励んでいます。


これを読んでいる皆さんも、
 
夏休みのうちに
 
過去問演習を
 
どんどん進め、
 
秋からの勉強に
 
繋げていきましょう!
 
全ては
 
傾向対策!!!!!


筑波大学1年
齋藤佑里
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年 8月 20日 夏休み最後までがんばろう!

こんにちは!
担任助手の村岡です!

夏休みとあり
遊びに行くことも
あると思います。
しかし、だからといって
全く勉強しなくなるのは
本当にもったいない!!
せっかくこの夏に頑張って
勉強していた分が
水の泡となってしまいます。

なぜなら長文読解に関して
現代文は3日、英語は1日でも
やらないと読解力は落ちる
言われています。

そのような読解力を
はじめとした学力は
そんな簡単につくものでは
ありません。

英語を例にとると
語彙・文法・長文の力が
備わっていないと
成績は伸びません。
語彙にしても
単語と熟語があったり、
文法の他に構文があったりと
求められる力は様々です。
それらを高校3年生の
1年間で仕上げるには
無理があります。
それに加え他の教科も
あるとすると尚更です。

私はこのような情報や知識を
知らず、受験勉強を始めたのが
高校3年生になってからでした。
私立文系で3教科でしたが、
MARCHレベルまで仕上げるのに
とんでもない努力をしました。
しかし、皆さんの時代は
さらに受験は難化します。

皆さんには後悔してほしくありません!
今は早くから勉強する
重要性が分かりづらいかも
しれませんが、
後の自分を救うと思って
今から始めましょう!!

 

本日の担当は
立教大学 観光学部
村岡里香でした!

——————-各種お申し込みはこちらから———————

2019年 8月 19日 低学年の夏が勝負!

こんにちは!

担任助手の水谷です

今回は皆さんに大事なことを

話していきたいと思います。

夏休みも終盤へと

近づいてきたましたが

今まで皆さんは

どのようにこの夏を

過ごしていましたか?

もちろん

勉強・遊びの両立をして

充実した夏を過ごしている方も

いると思います

しかし

遊びだけで終わっている方も

多いと思います。

前回のホームページでも

書きましたが

本当にこの夏は

勉強を始めるための季節と言っても

過言ではありません。

まだ夏休みは

終わっていません。

今から始めればまだ

間に合います!!

しかしなかなか

家で勉強ができない

そんな方も多いと思います。

そんな方にはぜひ

東進の1日体験をおすすめしたいです!

1コマ無料で授業を受けることが出来ます。

またスタッフと今の学習状況を基に

面談をします!

これをきっかけに

勉強を始めるスタートを切りませんか?

 

以上、本日の担当は

昭和女子大学 人間社会学部

水谷 華野でした!

 

——————-各種お申し込みはこちらから———————

 

 

 

2019年 8月 18日 休館日明けの生徒のようすについて

こんにちは!松崎です!

東進では8/13〜15が校舎閉館日でした!

今日は校舎閉館日を終え、

夏休み終盤戦に入った東進生について

お話ししたいと思います。

東進ハイスクールせんげん台駅校では、

8/25に行われるセンター試験本番レベル模試にて、

センター本番でとるべき目標得点を突破することを

目標に学習を進めています。

また夏休みを使い、

センター試験レベルの力を完成させると同時に、

二次・私大過去問にも取り掛かっています。

そろそろ夏休みも終盤戦に差し掛かり、

内心焦りを感じていたり、

少し気持ちに余裕が出てきた人も

いるかも知れません。

しかし、やるべきことはあるはずです。

着実に目の前のことに

取り組んで行きましょう!!

昨日もせんげん台校では、

多くの生徒が朝から校舎に来て

学習に励んでいました!!

夏休みも残り残り13日ですが、

一緒に頑張っていきましょう!!

以上、本日の担当は

早稲田大学 教育学部

松崎 友紀でした!

 

——————-各種お申し込みはこちらから———————

過去の記事