ブログ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 

2020年 11月 19日 ☆出願校を決めよう!☆

 

 

 

こんにちは!

東京工業大学物質理工学院1年の小沢です。

 

最近は気温が安定しないように感じます。

今週末の3連休で気温が急落するとニュースで言っていました。

体調管理をしっかりして、風邪をひかないよう気を付けましょう!

 

さて、突然ですが受験生の皆さん、

 

出願校は決めましたか?

 

もう11月の後半なのでそろそろ出願校を固めておかないとですよね。

 

というのも、今出願校を決めとかないと、

出願期限直前に焦って決めることになってしまいます。

 

出願期限は大体、共通テストの前後くらいに固まっています。

 

そのため、共通テスト直前の時間や、直後の短い二次私大入試までの時間を、

出願校決めで使わないためにも、今のうちに決めておくべきです。

 

また、今のうちから決めておくことで、

過去問を解いておく時間を作ることができます。

 

第一志望、第二志望くらいまでしか

何年も演習しておくことはできないかもしれません。

 

しかし、

1年分も解いていないのと、

1年分解いておくのとでは全然違います。

 

1年分でも解いておけば、

その大学出題形式や難易度をある程度知った状態で

入試に挑むことができます。

 

これらの理由があるので、今の時期に出願校を決定しておきましょう!

 

自分だけでは決められないよという人も多いと思うので、

そのような人は学校の先生や担任助手に相談してみましょう!

 

以上、本日の担当は東京工業大学物質理工学院1年の小沢でした。

 

 

 

 

2020年 11月 18日 ☆修判をやりきろう☆

こんにちは!
宇都宮大学地域デザイン科学部1年の笠原です。

秋も深まり寒い日も増えてまいりました。

みなさんも体調に気をつけてお過ごしください。

さて、今日は修了判定テストについての話をさせていただきます。

修了判定テストは講座の最後にあり、

講座の内容全体から出題されるテストのことです。

点数によって判定がSS・S・A・B、、と存在し
せんげん台校ではSS判定を取るまで

修了判定テストをやるよう指導を行っています。

修了判定テストは、

講座で行った内容がしっかりと理解できているか

を確認するテストでもあるため、

SS判定をとることが非常に大切になってきます。

また、最後の講座を受けてから1週間以内に復習を終えて

SS判定を取れるまで理解を深め、力を付けましょう!!

修了判定テストでSS判定をとって初めて、

自分の力になったと言えます。
修了判定テストはSS判定までやりきりましょう!

 

本日の担当は、担任助手1年笠原でした。

2020年 11月 17日 ☆過去問の意義☆

 
 

みなさんこんにちは!

担任助手一年の、波多野です。

今回は、

過去問の意義

について話していきたいと思います。

受験生は今の時期、第一志望校や第二志望校、

人によっては第一志望校の二週目の

過去問に取り組んでいると思います。

正直、過去問を何年も解くのは時間も掛かるし大変ですよね。

「過去問に時間をかけすぎだ、二週目とかいらないんじゃないか」

という人もいるかもしれません。

しかし、過去問は志望校に合格する上で

一番重要なコンテンツです。

「過去問の二週目って意味あるのか?」

と疑問に思う人もいるかもしれませんが、

そんなことありません。

同じ長文問題と言っても、学校によって

「問題の出し方」「解答の導き方」

には特徴があります。

その特徴の問題が本番で出題される可能性は非常に高いので、

それを何度も復習して頭に叩き込むことはとても重要です。

同じ大学の過去問のパターンに慣れてくると、

たとえ問題の解答の根拠がわからなかったとしても

「この大学の特徴からして何となくこれかな・・・」

で答えが合っていた、なんてこともあります。

問題の特徴や解答に至るまでの志望校独特のプロセス、

わからない問題ではどのくらい悩む時間を取るか、

などは再度確認して自分の頭の中で整理しておきましょう。

また、二週目の過去問を解く時は、

一周目の時に書いた分析シートの

「次回解く時に気をつける事」という欄

を確認してから解くと効果的だと思います。

これからも過去問演習を続けて、自分流の解き方を磨いていきましょう!

以上、早稲田大学政治経済学部1年の、波多野でした!

 

2020年 11月 17日 ☆高速マスター基礎力養成講座とは?☆

 
 

皆さん、こんにちは!

明治大学経営学部1年の岡田です。

 

11月も半分が過ぎ

受験生は時間の大切さを身に染みて

感じているのではないでしょうか?

1,2年生の皆さんはもう次の学年に上がるのかと

感じていることでしょう。

 

そうです。

時間はあっという間に過ぎてしまうのです。

皆さんはそんな限られた時間の中で

効率よく勉強していかないといけません。

 

東進では限られた時間で効率よく勉強するための

たくさんのコンテンツがあります。

その中で

高速マスター基礎力養成講座

というものを紹介します。

 

高速マスター基礎力養成講座とは、

英語の単語や熟語、文法

国語の古文・現代文単語や漢字

数学の各分野の計算演習

といったものを短期間で学習できるようにするコンテンツです。

 

上記の単語などは

受験勉強の基礎の基礎です。

そのような基礎を短期間で学習して

応用的な問題演習に多くの時間を

かけられるようにしているのです。

 

多くの時間を問題演習にかけることができるのは

大きな強み

であります。

 

皆さんも

高速学習で

第一志望に合格しましょう!

 

本日は

明治大学経営学部1年の岡田

がお送りしました。

2020年 11月 15日 ☆11月14日の夢ワク☆

みなさんこんにちは!担任助手一年の、波多野です。

もう11月も中旬、時が過ぎるのは早いですね。

昨日、低学年の生徒を対象にした夢ワクを実施したので、

今回はその紹介をしたいと思います!

今回の夢ワク担当は私、波多野で、

「あなたの個性が世界を救う?!

〜経済学の視点から〜」

というテーマで行いました。

みなさんは自分がいる社会(クラスや部活や委員会など)の中で、

自分は社会の中で必要とされているのか・・・と思ったり、自分の存在意義

に疑問を持ったりすることはありますか。

そこで今回の夢ワクでは、

自分が大学の経済学の授業で学んだことを基にして、

経済学者リカードの比較優位理論を用いながら

「自分だけの個性」

の重要性と

社会に与えるプラスの影響

について話しました。

みなさんも色々なことを経験して、

「自分だけの個性」を見つけて社会の中で輝いて欲しいと思います。

そして!

来週から夢ワクはバージョンアップ!

担任助手2人で行う

ペア夢ワク

となります!

来週の担当は慶應義塾大学の熊谷先生&豊田先生ペアで、

「SDGs・教育」をテーマとして日本の教育の問題点や将来について話してくれます。

学校に通っているみなさんはぜひ参加してください!

以上、早稲田大学政治経済学部1年の、波多野でした!