ブログ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 

2019年 7月 5日 早稲田の魅力

こんにちは!せんげん台校担任助手の福田和生です。

 

時が経つのは早いもので、あと半年したら私は大学を卒業します。

本日、ブログを担当するということで、

3年と3ヶ月を過ごした早稲田大学がどのような大学であったかについて

少し書いてみようかと思います。

早稲田の受験を考えている人、興味のある人は必見です!

 

他大学と比較したとき、早稲田大学の強みはなにか。

私が認識している限りでは

“圧倒的規模感”

“多様性”

“専門性”

の3つの要素に大別するこ

とができます。

 

まず、圧倒的規模感について。

早稲田大学には学部生、大学院生を合計すると

50,000人以上の学生が在籍しています!!!(多い!)

教員数も約5,500人と他に類を見ないほどの人数を誇っています。

 

次に「多様性」について。

 

先述のように、早稲田大学には実に多くの学生と教員が在籍しています。

そしてそれぞれが

全国・世界各地から集っている

ということも大きな特徴であるといえるでしょう。

私の友人は中部地方、関西からきている人が多いように感じます。

しかし中には最寄駅が同じ友人もいたり、

逆に(?)はるばるエストニアからきている友人がいたりと

出身一つとっても話が盛り上がるくらい、色々な場所からきています。

 

また、多様であるという点は出身に限った話ではありません。

早稲田には数えるのが億劫になるくらいの学部学科、

コースや研究科があります。

そしてそれぞれの機関が提供している科目数・種類も豊富です。

つまり、学問的にも多様であるといえるでしょう。

加えて、部活・サークル活動も活発です。

これまた数え切れないほどのクラブの数があり、

 

中には「そんなサークルもあるの!?」と思わせるものもあります。

人となかなか共有することのできない趣味をお持ちかもしれないあなた、

早稲田にくればその趣味、

感動を仲間と共有することが叶うかもしれません。

その感動はひとしおです。

 

最後に「専門性」について。

 

様々な「多様」が存在する上に、

それぞれの多様が深いということも特徴だと思います。

学問の観点から言えば、

それぞれの分野において権威とされるような

教授の方々が早稲田に在籍されていることが多いです。

クラブ活動の観点から言えば、

全国・世界レベルのアスリートが部活には在籍していたり、

サークルでさえも高校時代に全国大会に出場していたような人がザラにいます。

そのような人たちとともに活動することは非常に刺激になります。

 

 

そして、以上にあげた「圧倒的規模感」、「多様性」、「専門性」は

一つしか享受できないという訳ではなく、贅沢にも

“””「圧倒的規模感」×「多様性」×「専門性」”””

という具合に、求めれば同時に享受することができてしまいます。

 

これに勝る贅沢はあるでしょうか、いやない(反語)。

 

 

そして間違いなく、早稲田の強みはこれだけではありません。

図書館の数が多いこと、

それに付随して蔵書が豊富であること、

論文検索のデータベースの充実や施設の綺麗さ、

大学内に併設されている庭園等々

数え上げたらキリがありません。。。

<大隈庭園からのぞむ、大隈講堂>

<西早稲田キャンパス内の一部>

 

もちろん、私が認識できていない魅力も数多く存在することでしょう。

自分の可能性を大いに広げてくれる、という点で

早稲田は本当に魅力的な場所だと思います。

実際に私は大学に入って、多くのことを知り、成長することができたと思います。

 

志高き、早稲田志望の受験生諸君。

早稲田大学で自らの未来を開拓する為、受験勉強を頑張りましょう!

 

————————–

 

本日の担当は

早稲田大学 商学部 経済トラック4年

福田 和生

でした

 

 

 

 

2019年 7月 4日 トップリーダーについて

皆さん、こんにちは。

担任助手の平田です。

 

最近風邪が流行っていますね。
(私も風邪をひいています笑)

 

体調管理をしっかりとしていきましょう!

さて本日、皆さんにお知らせするのは

 

トップリーダーと学ぶワークショップについてです。

トップリーダーと学ぶワークショップとは、

 

社会で活躍する`現代偉人`の講義と

 

グループセッションによるワークショップ

 

以上の2つが融合した特別イベント!!

次回のトップリーダーと学ぶワークショップは

7月13日(土)
米 正剛 先生

(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)
『拡大を続ける国際法務の先駆者』

米先生は東京大学 法学部卒業後、

 

米国コーネル大学ロースクールを卒業し、

 

ニューヨーク州弁護士登録もされている

 

グローバルな舞台で活躍する先生です!

参加することで、

 

言語だけでなく、法や習慣までもが違う場所で

 

活躍している先生の考え方やテクニックに触れ、

 

グローバルな舞台で活躍するということ

 

それに伴う日本のグローバル化について など

 

多くのことを仲間たちと深くまで考えてきてほしいです!

これから先、少なからず誰しもが海外を相手にしたり、

 

海外を舞台にして働く時代が来るでしょう。

 

文系の子も理系の子も、垣根なく、

 

将来の自分の立ち位置を探るという意味でも

 

ぜひ参加してほしいです!

本日の担当は

学習院大学 経済学部

平田奈々でした!

 

 

 

2019年 7月 3日 夢ワクについて

こんにちは!

担任助手の熊谷です!

高校生のみなさん、大学生って

どういう感じかイメージつきますか?

普通に高校に通っていると

大学生と関わる機会って

ほとんどないと思います!

 

そこで今日は

せんげん台校の特別イベント

「夢ワク」

についてご紹介します!!

 

夢ワクとは簡潔に言うと

せんげん台校の

大学生スタッフが実際に

大学で

研究していることや

大学生の視点から見る

世界の時事問題などを

高校生にもわかる

レベルに要約して

プチ講演するイベントです。

 

毎週土曜日15分で

わかりやすくギュッと詰め込むため、

大学のことを知らない人や

ニュースなどを見ない人には

必見のイベントとなっています。

 

そして今週6日の担当は

なんと私、熊谷です!!

半年ぶりの登場!

 

内容はいま世界を騒がしている

「空間経済学」

についてです。

空間経済学ってなんだ?って

思う人が大半だと思いますが、

その内容は見てからのお楽しみ。

 

空間経済学は

1990年頃から始まった

新しい学問であり、

これからの時代のビジネスには

不可欠な知識となっています。

 

空間経済学が始まった歴史や

エンジニアが10年後の未来に

開発すべき研究についても

触れるので経済学なんて

ちっとも興味ないよって人も

ぜひぜひ参加して

これからの人生の糧に

してもらえると幸いです。

 

7月6日(土)の

20:00~20:15です!

たくさんのご参加

お待ちしています!!

 

本日の担当は、

慶應義塾大学

経済学部 3年

熊谷征洋でした!

 

 

2019年 7月 2日 夏の経験談

こんにちは!

担任助手の水谷です!

今回は私の夏の経験談について話して

いきたいと思います。

私は6月の後半から

勉強を始めるという

遅いスタートでした。

そのため私は周りから

遅れている分

死ぬ気で勉強を始めました。

実際夏休みに1日

何時間かというと

15時間です!

毎日全教科に

触れるようにして

ひたすら机にしがみつきました。

しかし

毎日15時間の勉強は

とてもしんどく、

妥協しそうになりました。

妥協しそうになった時に

私がしてきたことは

第一志望校のHPを見たり

パンフレットを見たりでした。

これによって

この大学に受かるんだ

という気持ちで

モチベーションが上がりました。

この夏が勝負

よく聞く言葉だと思いますが

まさにその通りだと思います。

私は夏に頑張りきれたからこそ

最後の最後まで

受験を頑張りきれたのだと思います。

皆で一緒にの夏を乗り切って

第一志望校に合格しましょう!!!

 

 

今日の担当は昭和女子大学人間社会学部1年の水谷でした。

 

2019年 7月 1日 宿題一掃会

こんにちは。長谷川です。

 

暑くなったり雨が降ったり

 

気温の上げ下げが激しいですが

 

体調を崩したりしていませんか?

 

さて本題ですが、

 

来る7/25から7/31にかけて

 

宿題一掃会が行われます。

 

東進生以外も参加できるイベントです。

 

夏休みが始まってすぐの7日間で学校の宿題を全部やりきったら

 

8月は受験勉強し放題ですよね!

 

宿題が残ったままだと受講も思ったように進まず、

 

せっかくの長い休みである夏休みが勿体無いです。

 

夏休みに学力を伸ばせた人と伸ばせなかった人では

 

1志望校への合格率は圧倒的に違います。

 

未来への第一歩を掴む為にも今回の宿題一掃会、

 

参加しない手がないと思います!

 

私は宿題を溜め込んでしまうタイプだったので

 

自分が低学年の時にもこんな素敵なイベントがあったら!と思います!

 

是非とも今回の宿題一掃会参加してみてください!

 

お待ちしています!

 

今日の担当は慶應義塾大学理工学部1年の長谷川でした。