ブログ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 

2020年 5月 13日 ☆過去問を解く重要性☆

こんにちは、

慶應義塾大学 商学部1年の樋口です。

家で一人での勉強が続いていて大変だと思います。

また、1日中家にいるため生活リズムが乱れているという人もいるかもしれません。

受験は朝から始まります。

もし乱れてしまっていたら、

学校に通っていた時と同じような生活リズムに戻すことを心がけていきましょう。

さて、

今日は過去問を解く重要性についてお話します。

皆さんはHRで共通テストの過去問10年分を、

7月20日を目安に終わらせようと話をされたと思います。

多くの受験生はこの時期から過去問を解く必要はないと思っているでしょう。

しかし、

それは違います。

というのも

過去問は、

大事にとっておいて受験直前に解くものではなく、

早くから解いて

自分と相手(ここでは共通テスト)の

分析をするためにあるからです。

自分の分析とは、

過去問を早くから解き

今の自分には何の力が足りていないのかを知るということです。
例えば英文の単語がわからないのであれば、

自分には単語力が足りていないと分析することができます。

続いて相手の分析です。

相手の分析とは問題の形式・傾向を知り対策することです。

どのような問われ方をするのか、

大門は何個あるのか、

どの部分が問われやすいのかを知って勉強することと、

知らずにただ勉強することではその後の結果が大きく変わると思います。

自分は世界史の過去問を10年分解くことでよく問われる歴史事項を把握し、

英語の過去問10年分を解いて自分に合った時間配分を確立することができました。

このように過去問を解くことで

自分の気がつかなかった弱点に気づき、

時間配分を工夫することができます。

皆さんも以上のことを意識して過去問をどんどん進めていきましょう。

 

 

 

2020年 5月 12日 僕の生きる意味

 

こんにちは!担任助手の川口です!

皆さんコロナのせいで学校に行けなくて

味気のない日々を過ごしていると思います。

そんな日は朝から散歩などしてみると

気分転換にもなって良い一日を過ごせるといいと思います。

ぜひやってみてはいかがでしょうか?

前置きが長くなりましたが、

本日はわたくし川口の「夢」について話していこうかなと思います。

皆さん「夢」持っていますか?

私は明確な夢は持っていないのですが、

ある種目標のようなものがあります。

それは、この世の中の誰かが便利だなぁと思うようなものを造ることです。

言うだけでは何言ってるのかわからないので

例を用いて説明していこうかなと思います。

皆さんはコップだったり箸だったりシャーペン、ボールペンといった

当たり前に存在するものを当たり前のように使っていると思います。

正直使うことにさほど感謝をしないと思います。自分も使いませんし

しかし、ああいったものはだれか名も残らないような人の

血のにじむような努力

から完成しているものなのです。

箸がない生活を考えてみてください。想像もつかないでしょう?

さらにはコップやフォーク、スプーンといった

食事で当たり前に使う物もないような生活など考えただけでも怖ろしいですよね。

私はこのようなあって当たり前だけど無くては

生活に支障が出るようなもの

を造りたいなぁと思っています。

理由としては深くはないんですけれども、

いろんな人に使われるもの造ったら

気持ちいんじゃないかと考えたからです。

なんともくだらない理由ですね。

でもきっと造ったら自分に満足できると思うので

その目標に向かって今後も精進していきたいと思います。

皆さんも夢がないや志がないという人は、

少しでもやりたいことやされたらうれしいことを探して、

それに向かって頑張って生きてください。

本日の担当は、

埼玉大学工学部2

川口凜平でした。

2020年 5月 9日 ☆志望校の決め方☆

こんにちは。

お久しぶりです。長谷川です。

また緊急事態宣言解除が延期され、

それぞれ大変な日々を送っていると思います。

勉強の意識も下がってきていると思いますが、皆さん頑張れていますか?

さて、本題ですが、皆さんは志望校をどうやって決めていますか?

私は、志望校を決めるとき大切なことは

自分のやりたいことができるかだと思います。

まず、自分が喜びを得られるものが何なのか探す

そして、それに関係してやりたいことを探し深く掘り下げる。

やりたいことができる大学を探し、まっしぐらに思い続ける。

これが一番だと思います。

でも結局、どれだけ思い続けても進学できるのは合格した大学だけです。

自分のやりたいことを突き進めるためには努力して合格をつかみ取るしかありません。

そのために今皆さんはつらい思いをして勉強にいそしむ必要があると思います。

まれに大学のネームバリューで志望校を決める人がいますが

私はそれが得策だとは思いません。

私の知り合いには、ネームバリューで決めて後悔している人が何人かいます。

まずは自分のやりたいことを見つけ

それを追い求めることが

一番効率の良い人生の生き方なのではないかと思います。

そのために、いまは大変かもしれませんが勉強を一生懸命頑張りましょう!

担当は慶應義塾大学理工学部数理科学科2年 長谷川彩花でした。

 

 

 

 

 

2020年 5月 8日 ☆オススメの息抜き☆

 

 

こんにちは!

早稲田大学 政治経済学部の波多野です。

今の時期、学校や東進にも行けず、友達にも会えず、家で一人勉強するだけ・・・

という人も多いと思います。

もう勉強いやだ!何もかも投げ出したい!

そう思ってしまうことはありませんか?

そこで!オススメの勉強の息抜き方法を紹介します。

 

散歩をする

ずっと机で勉強していて、体が硬くなってしまった・・・

そんな時には、散歩でリフレッシュするのがオススメです。散歩にはメリットがいっぱいなんです!

椅子に座りっぱなしでいると脳への血行は悪くなっていき、集中力や思考力が鈍ってしまいます。

散歩をすることで脳への血行が良くなり、脳が活性化します!

また、散歩をすることで、セロトニンという集中力アップや記憶力アップに効果がある幸せホルモンの分泌を促すことができます。

勉強で行き詰まったら、散歩をして気分転換しましょう!

 

お気に入りの音楽を聴く

私は受験生の時、勉強に疲れてしまったらお気に入りの音楽を一曲だけと決めて聴いてました。

よく聴いていたのは、安室奈美恵さんのHeroです。ものすごくパワーがもらえるのでオススメです!

ここでのポイントは、休憩用の音楽は、普段は聴かないようにする、ということです。

普段聴かない曲を頑張った後に聴くと、特別感があります。

音楽が好きな人にオススメです。

 

勉強場所を変える

これは息抜きではないのですが、ずっと同じ場所で勉強することに飽きてきた人にオススメです。

私は自室での勉強に飽きたら、よく洗面所で椅子を机替わりにして勉強していました。(笑)

勉強できればどこでもいいんです!

環境が変わると新鮮な気持ちで勉強できるので、煮詰まったら他の場所に移動して勉強するといいと思います。

 

いかがでしたか?

自分に合った息抜き方法を見つけてコツコツ勉強し、ライバルに差をつけましょう!!

 

 

 

 

2020年 5月 7日 ☆模試が嫌だなと思う人へ☆

 

 

こんにちは!

宇都宮大学  地域デザイン学科部                                 コミュニティデザイン学科 1年生の笠原です。

 

突然ですが、皆さんは模試についてどんな印象を持っていますか?

模試直前に気分が憂鬱になったり、変に焦ってしまう人も少なくないと思います。

東進ハイスクールでは2ヶ月に1度「共通テスト本番レベル模試」を行っています。

 また、これに並行して記述型の模試や外部の模試を受ける人が多数だと思います。  

すると、人により多少の違いはあれど、受験学年だけで10回前後の模試を受けることとなります。

 

では、皆さんは何のために模試を受けるのでしょうか?

1つの答えとして、

現在の「学力を測る」ためや、第1志望校合格に必要なレベルまで「学力を伸ばす」ためであると言うことができると思います。

東進ハイスクールの模試を受けると、現時点での合格可能性を知ることができます。

さらに、成績表に記載された詳細な学力分析をもとに学習計画を立て、実行していくことで1志望校合格に大きく近づくことができます。

つまり、模試を1つの指標として学習していくことが第1志望校合格に近づくために必要なことなのです。

 

しかし、模試を受けるためには時間お金もかかります。せっかく模試を受けるのなら、その模試を最大限活用しましょう!

 

①模試が終わった後なるべく早く復習をしましょう。

実際に、模試に出た問題が本番に出たこともあります。逆を言えば、復習をしないと他の受験生に差をつけられてしまうことになってしまうのです。

 

②自分の出来なかったところを分析しましょう。

なぜ出来なかったのかを考えることは、学習計画を立てるうえで非常に役立ちます。

 

③模試の結果をふまえ、学習計画を立てましょう。

多少時間がかかっても計画を立て、実行に移すことが重要です。

 

 

いかがだったでしょうか、

模試を上手く活用して志望校合格を勝ち取りましょう!