9月 | 2020 | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 2020年09月の記事一覧

2020年 9月 30日 ☆修了判定テストって何?☆

 

 

こんにちは!
明治大学経営学部1年の岡田です。
 
短い夏休みも終えて
今年の夏休みは短かったなー
と思っているのも束の間9月が終わりそうです。
時間が有限なのを実感する最近です。
 
さてさて本日の話題ですが
東進で受講を進めていくにあたって
避けては通れない道である
終了判定テスト
について紹介します。
 
終了判定テストとは受講がすべて終わったときに出てくる
講座の内容すべてを確認するテストであります。
 
講座の内容全てを対象としたテストですから
難しいです。
 
しかし
東進では毎回の受講の後に確認テストというものがあって
11回の授業の内容がしっかりと頭に入っているかを
チェックするようになっています。
確認テストを合格できないと次の回に進めません。)
 
めんどくさいと思う方もいるかもしれませんが
これがとても効率的なのです。
 
学校では前回の内容が理解できていなくても
強制的に進んでしまいますが
 
東進ではしっかりと1回の受講を理解してから
次の授業に進むようになっており
授業の内容においていかれてしまうということがありません。
 
この確認テストをしっかりと行うことで
最後の終了判定テストが出てきたときに
最初から最後まで急いで復習しないとわからない
という事態を防ぐことができます。
 
また終了判定テストを合格することによって
その講座の内容が一通りを漏れがなく理解できていることがわかり
もし合格できなくても講座のどの分野ができていないのかを
洗い出すことができて復習もしやすくなります。
 
このように東進では
着実にステップアップできるような仕組みで
勉強しています。
 
皆さんもステップアップを意識して勉強していきましょう!
 

本日の担当は明治大学経営学部1年の岡田でした!

 

2020年 9月 28日 ☆全国統一高校生テストに向けて☆

 

こんにちは!

 

東京工業大学物質理工学院の小沢です。

 

9月もそろそろ終わってしまいますね。

 

共通テスト本番まで残り約110日です。

 

残り2桁になったらあっという間に本番になってしまうので、

少し焦りつつもコツコツ頑張っていきましょう!

 

 

さて本日は10月25日の

 

全国統一高校生テスト

 

について話していきたいと思います。

 

10月の全国統一高校生テストは一般生も多く受験するので、

 

普段の共通テスト本番レベル模試よりも受験する生徒が多い模試です。

 

なので、より正確な志望校判定が出ます。

 

共通テスト形式の東進模試はこの全国統一高校生テストと

 

12月の共通テスト本番レベル模試の

 

残り2回

 

です。

 

共通テスト過去問10年分が終わって

出題形式等に慣れてきた頃だと思います。

 

この模試では本番で取りたい点数を取れるように頑張りたいところです。

 

全国統一高校生テストまで1ヶ月を切っています。

 

しっかりと対策して8月の共通テスト本番レベル模試から

 

成長を感じられるような模試にしましょう。

 

以上、本日の担当は東京工業大学物質理工学院の小沢でした。

 

 

 

2020年 9月 25日 ☆全国統一高校生テストまで・・・☆

 

 

皆さんこんにちは。

埼玉大学教育学部1年の水島雅です。

最近は涼しく過ごしやすい日が続いていますね。

ついこの前までとても暑かったので私も驚いています。


さて!本日は9月25日ですね。

ということは、
全国統一高校生テストの1ヶ月前です!!


全国統一高校生テストは

共通テストと全く同じ問題形式・問題レベルのテストになっています。


高校1.2年生の皆さん!

ぜひ、この全国統一高校生テストを機に受験勉強を始めませんか?

 

難関大に合格するほとんどの人は、

高校1.2年生の頃から

必死に勉強しています。

 

「まだ大丈夫」と思っている人

受験を甘く見てはいけません!


また

いまなら全国統一高校生テストにお申し込みしていただくと

冬期特別招待プレ講習という形で

全国高校生テストに向けた対策講座を

1講座無料

受講することができます。

 

最高の機会です。


東進ハイスクールせんげん台校で一緒に

受験と闘いましょう!

待ってます!
本日の担当は、担任助手1年水島でした。

 

2020年 9月 23日 ☆頑張っている生徒紹介☆

こんにちは!

担任助手1年の永藤実希です。

 

今回は9月18日の受講修了に向けて

頑張った生徒を紹介したいと思います。

 

越谷北高校のKさんです!

 

Kさんは7月下旬に入学し、そこから受講を開始しました。

初めの予定では10月に受講修了をする予定でしたが、

Kさんは毎日受講し予定よりも大幅に早い

9月上旬に受講を修了することが出来ました!

 

今は受講の復習を進めて毎日学習を頑張っています!

 

Kさんの他にも部活に所属しながらも毎日東進に来て

受講を頑張った生徒など多くの生徒が受講を頑張っていました。

受講が終わった生徒も受講の復習などをして

勉強したことをしっかり定着させていって欲しいと思います!

 

10月25日には全国統一高校生テストもあるので

テストに向けてせんげん台校の努力量1位の生徒たちと一緒に頑張りましょう!

 

以上、早稲田大学教育学部英語英文学科1年の永藤でした!

 

 

2020年 9月 20日 ☆豊田夢ワク還元☆

 

こんにちは、慶應義塾大学文学部1年豊田健です。

一気に秋の気温になり、過ごしやすくなりましたね。

こんな時こそ体調にはお気をつけてお過ごしください。

さて、今日のブログでは、

昨日私が行った夢ワクについて還元したいと思います。

今回夢ワクで扱った題材は「言語学」です。

言語学と聞くと、小難しいものに感じますよね。

僕自身もちゃんと学ぶ前はそうかんじていました。

身近なものを扱っているからこそ、

よりなにをやっているのかわからないのかな、と思います。

言語学の中でも特に

語用論」、「比喩」について話しました。

???って感じだと思います。

語用論では、

「明日遊ぼう」

「課題ある」

「わかった」

という会話の不自然さについて。

比喩では

日常会話の比喩を扱いました。

生徒も興味津々に聞いてくれて、

感想も好印象なものが多かったです。

また、参加人数も12人と、少しおおめだったので

話し甲斐がありました。

今回で1年生担任助手の夢ワクは3回目。

せんげん台校では毎週夢ワクを行っていて

生徒は自分の知らない学問に触れることができます。

詳しくなくとも「知っている」ものが増えることは

人生を豊かに、自身を教養のある人間へと導いてくれます。

ぜひ色々なものに興味を持って

知的活動に邁進して行って欲しいです!

 

それでは、今日の担当は慶應義塾大学文学部1年豊田健でした。