夏期合宿について! | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2019年 5月 23日 夏期合宿について!

こんにちは!
お久しぶりです黒澤です!
 
本日は、「夏期合宿」についてお話ししようと思います!
 
突然ですが夏期合宿というと、どういうものを思い浮かぶでしょうか?
 
え?夏期合宿?部活じゃないんだから(笑)
とか
夏期合宿ってめちゃくちゃ勉強するやつでしょ?
とか
そんな声が聞こえて来そうですが、、、
 
東進で毎年行われる夏期合宿は
みなさんが思っているよりも
700倍くらい充実した5日間です!!!!!
 
というのも、、、
 
7/21~7/267/27~8/2の5日間で行われる
東進夏期合宿では、全国からやる気のある生徒が
河口湖周辺の宿舎に集まって
それぞれの宿舎でみっちり英語の勉強をします。
 
これがまたすごいんです。
 
夏期合宿では授業復習テストを繰り返すのですが、
授業は渡辺勝彦先生とか安河内哲也先生とか今井宏先生とか、
普段映像で見ている講師の方々に実際にやっていただけるんです!
 
また、勉強だけのように思われがちですが、
そうではありません。
夜は自分の夢・志について考え
ディスカッションをする時間が毎日あって、
この五日間でしっかり自分が勉強をしている意味を考えたり、
夢・志について仲間と語り合うことで
考えが固まりより志が深まります。
 
また、しっかり睡眠時間、休み時間は確保されていますが、
それ以外の時間は、テキストを持って移動したり、
移動は走ったり、めちゃくちゃ音読をしたり。。
普段の生活ではしないようなことをします。びっくりすると思います(笑)
 
でもこういうことをやって来た
去年の夏期合宿から帰って来たせんげん台校の生徒たちは、
本当に勉強へのモチベーションが高まり、
今までの努力とはまるで違う努力の仕方をしていて
とても驚いたことを覚えています。
また、みんな行ってよかった。
今までの努力が努力と言えなかったことにやっと気づいた。
という声も多く聞こえました。
 
いわゆる「限界突破」して来たんです!
 
今の時点であまり本気が出せていないとい感じている人。
勉強はしているけど、このままの勉強で受かるか不安な人。
参加するべきだと思います。
 
実際夏期合宿の5日間はとても辛いし、疲れると思います。
しかし、夏期合宿にはそれ以上の価値があります。
去年の夏期合宿生でいかなければよかったという人は
1人もいませんでした。
5日間乗り切った後に必ず成長できます。
同じ志を持って同じ方向を向いた仲間と一緒なら
絶対に本気になれます。
 
本気で受験に向かいたい人は
絶対に参加するべきですものと自信を持って言えます!!!!!!
 
今年のせんげん台校夏期合宿生のスローガンは、
「誇り高き勉強マッチョになる」です。
たった5日間の合宿で、仲間と夢について語り合い、
志をしっかり固め、自分の勉強している意味を理解した上で、
自分の努力の天井を高めたまま夏期合宿後もその努力量を続ける!
 
これを夏期合宿生の皆さんには目指してもらおうと思います。
 
迷っている人は是非行くことを考えてみてください。
 
第一期 7/21~7/25
第二期 7/26~7/30
 

本日の担当は

早稲田大学 人間科学部

2年  黒澤奈音でした。

 

せんげん台校では体験授業や個別相談を実施しています

詳しくは下のバナーをクリック!