過去問をやる意味!! | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2019年 10月 24日 過去問をやる意味!!

こんにちは、担任助手の山田です。

最近肌寒くなったと思えば昨日は少し暑かったりと、

なんだかよくわからん天気ですね!笑

本日は、過去問についていろいろ話そうと思います。

皆さんは東進や学校で過去問やれって

言われているかと思います。

でも、なんで過去問やる必要があるのでしょうか

私は、以下の3つが過去問をやる理由だと思います。

①本番と同じような形式、難易度の問題を解くことで

合格するための実力をつける

②合格のための戦略を立てられる

(合格点を取りに行くには、どの科目、どの大問で何点取るのか、

そのためにいつまでに何をどうして行けばいいのか)

③本番のシミュレーションができる

(どの大問から解くのか、時間配分はどうするか、など)

人によっては考えが違うかもしれませんが、

なぜ過去問が必要かわからなかったら参考にしてみてください。

センター試験まで85です。

3科目受験の方は1科目あたり28

7科目の方は1科目あたり12しか時間を割けませんよ!

しかも、センターが終わったら

1ヶ月も経たずに私大個別入試が本格化します!

残された時間、

何の勉強にどのくらいの時間を割くのか、

よく考えて学習に臨みましょう!

本日の担当は、

芝浦工業大学 工学部

機械工学科 2

山田凌一でした。

全国統一高校生テストまであと4日
↓