模試を終えて | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2018年 8月 27日 模試を終えて

まずは皆さんセンター試験本番レベル模試、お疲れ様でした!!

目標点を取れた人!!

まずは自分で目標点を取りにいったことに自信を持ってください!!

どうして点数が取れたのか?

〇〇な勉強をしていたら点数が上がった。

ではこれからさらに力をつけるにはどんな勉強をしていけばいいのか?

つぎの目標点は何点なのか?

など次のステップへ進むために考えるべきことはたくさんあります。

浮かれることなく着々と前進してください!!

一方で目標点を取ることが出来なかった人

落ち込むのは当然ですよね。

松崎自身、8月の模試で日本史の点数が伸びず、

東進の受付で号泣してしまったことを覚えています・・・

あれだけ時間掛けたのに伸びなかった・・・

もう自分は無理なんじゃないか、

受験の天王山である夏ももう終わってしまう。

絶望。の二文字が頭の中を占めていました。

しかし、泣いていた私に当時の担任助手の方が

「泣いたってしょうがないじゃん!笑 

なんで点数取れなかったんだろうね。そこを考えなきゃ!」

と笑って言ってくれたことをきっかけに

私はその日に気持ちを切り替えることができました!

号泣してたのに単純かよ!

 

って思うかもしれませんが素直であることは

勝負脳を作るうえでも大切です!笑

(勝負脳を知らない方は松崎に聞いてください!)

気持ちを切り替えた後は

なぜ日本史の勉強に時間をかけたのに

点数が伸びなかったのか?という分析をし

改善点を洗い出し、

具体的行動策を自分なりに考えた上で

担任助手や友達にも勉強法を聞いたりして、行動していきました。

その結果、10月の模試ではなんと

日本史が80点にまで上がったんです!!

 

当然10月模試までの期間、

不安を抱えながら勉強していましたが

日本史の勉強に関する不安は

勉強を進めていくうちに少しずつ

軽くなっていった記憶があります。

結局なんで不安なのかというと、

今している勉強は自分に足りていない何の力を

補うための勉強なのか理解してない、

また、自分の勉強における癖や弱点を把握しておらず

 

自分にあっている勉強法を期限を決めて実行できておらず

自信を持てていないからである部分が大きいと思います。

その自信をつけるためにも

まずは分析です。

しっかり現状分析をして、今後に生かしていきましょう!!!

 

 

本日の担当は

早稲田大学 教育学部 2年

松崎友紀でした!

せんげん台校からのお知らせ*

せんげん台校では体験授業や個別相談を実施しています。詳しくは下のバナーをクリック!