大学生活について | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2019年 5月 14日 大学生活について

こんにちは!担任助手の齋藤佑里です。

現在、筑波大学医学群医学類に通っています。

今回は、大学生活の様子を皆さんに

紹介していきたいと思います。

まずは同輩や先輩について。

大学には高校とは比べものにならないくらい多くの人がいて、

様々な背景・経歴を持った人たちがいます。

そういった人たちの話は知らないことだらけでとても面白く、

自分の生きてきた世界がいかに狭かったかを実感させられます。

互いに刺激し合える仲間が大学では多く作れると思います。

次に、授業について。

大学の授業は、高校の授業とは異なり、

受けたい授業を自分で選んでとることができます。

自分の専攻する分野の授業をとることはもちろん、

専攻分野に全く関係ないけれど、

興味があるからといった理由でとることも可能です。

というよりも、関係ないと思っていた分野が自分の専攻分野と

実は関わりが深かったということは案外多いです。

また、高校では学ぶことの出来ないような最先端の研究など、

大学の先生が授業をやるからこそ学べるようなものもあり、

とても面白いです。

学びたいことが学べるところが大学の大きな特徴だと思います。

そして、サークル活動・部活動について。

サークル活動・部活動も大学生活の醍醐味ですよね。

大学には把握しきれないほどの数の団体があり、

自分のやりたかったことができないということはまずないと思います。

また、大会などもあるため、他大学との交流も活発です。

最後に、大学生活全体に関して。

大学生になってから1ヶ月が過ぎ、

私が今一番感じていることは、

大学での自由と責任です。

大学はとても自由なところです。

授業に出る出ないも自由、

サークルに入る入らないも自由、

バイトだってできます。

しかし、そのどれをとっても、必ずそこには責任が伴います。

一つ一つのことに対して、

必ず自分の意志を持って取り組まなければいけません。

しかし、それができさえすれば、

大学は本当に楽しく、貴重な出会い、学びがたくさんあるところです。

それらを、是非皆さんにも感じてほしいです。

大学に通って、自分の人生をさらに豊かにするためにも、

まずは一生懸命受験勉強を頑張って、第一志望校に合格しよう!

本日の担当は

筑波大学 医学群1年

齋藤佑里でした!

せんげん台校では体験授業や個別相談を実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!