修了判定テストと高速基礎マスターをもっとやろう! | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2018年 10月 4日 修了判定テストと高速基礎マスターをもっとやろう!

こんにちは!担任助手の丹治です。

久しぶりのホームページですね(笑)

大学の秋学期が始まって1週間が経ちました。

新しい授業が始まり、色々なことを学べて楽しいです!

大学は本当に色々な授業が取れるので楽しみにしてくださいね。

 

本日テーマはこちら「修判と高マスやってる??」

僕たち担任助手は、毎日、毎週受講や高マスなどの

ランキング作成をしているのはご存じだと思います。

最近、作っていて思うのは「修判をためすぎ!」

「高マスの回数が圧倒的にすくない!」です。

 

今一度、それぞれの存在意義を考えてみましょう。

修了判定テストは、学校でいう定期テストのようなもので、

受講で学んだことが本当に身に付いているかを確認できるものです。

先生方は、教えるのが上手いのでわかった気になっていても

10講、20講とやるうちに忘れていきます。

だからこそ、しっかり復習してSS判定を取って

その講座の理解度を完璧するのです。

 

高速基礎マスターは様々な教科の基礎基本をおさえられる教材です。

たしかに、この時期になる、ある程度のレベルまで完全修了し、

そのまま放置してしまう人が多くなります。

しかし、高マスに限らず知識というのは、一時期身に付けたからといって、

そのまま記憶されるわけではありません。

定期的に繰り返すからこそ忘れずにいられるのです。

そのため、今週は英単語1800、来週は数学計算演習などと決めて

やることが大切になります。

 

もう一度、日頃の学習状況を見直してみましょう!

 

本日の担当は

早稲田大学 商学部 1年

丹治大徳でした!

 

 

せんげん台校では体験授業や個別相談を実施しています。詳しくは下のバナーをクリック!