【日本史】の勉強法について | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2018年 7月 26日 【日本史】の勉強法について

こんにちは!

本日7月26日は「幽霊の日」であり、

鶴屋南北作の『東海道四谷怪談』が初演された日なのです。

鶴屋南北といえば日本史ですよね。

 

そう!!!

ということで日本史の勉強法について紹介します!

 

流れを頭にいれる

 日本史は暗記科目ですが、ただ用語を覚えるのは無理があります。

 しかし納得して頭に入れた知識は忘れにくいものです!

 まずは流れを意識してポイントを覚えていきましょう!

 

簡単に自分なりにまとめる

 例)織田信長:尾張、桶狭間の戦い、長篠合戦、延暦寺焼き打ち、、、

 のように単語を並べていきます。

 自分なりにまとめることで忘れにくくなります。

 

細かい知識を書き込む

 自分が愛用している教科書やノート、参考書などに

 新しく得た知識をどんどん書き込んでいく。

 

あとは声に出しながら、書きながら

何度もインプットとアウトプットを繰りすのみ!!

 

日本史はやればやるだけ伸びます。

この夏、頑張ろう!!!

 

 

本日の担当は

立教大学 観光学部

村岡里香でした!

 

 

せんげん台校からのお知らせ*

せんげん台校では体験授業や個別相談を実施しています。詳しくは下のバナーをクリック!