ブログ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 

2013年 4月 18日 新学年スタートから・・・。

こんにちは!せんげん台校担任助手の鈴木です!

新学年がスタートしてから約1週間程経ちましたが、学校生活には慣れてきましたか?

色々と忙しいと思いますが、頑張っていきましょう!

最近せんげん台校のブログでは様々な科目の勉強法を掲載しています!

担任助手である私達が成功した秘訣をみなさんに提供しています。これをやれば大丈夫というわけではありませんが、参考になるものもとてもあるはずです。是非確認してみてください。特に英語はこの春の内に猛烈に勉強することをお勧めします!!

「勉強しなくちゃ!!」

と思っていても、学校や部活動との両立だったり、新学期を迎えたばかりでまだまだ不安なことや悩みを尽きないと思います。

そんな君は!ぜひせんげん台校に来てみよう!!

せんげん台校では実際に部活と両立して難関大学に合格している人や、高校1年生から東進に通っていた人など様々な経験を持った担任助手がいます!

みなさんの今抱えている悩みや疑問を絶対解決することが出来ると思います!!

みなさんの来校を待っています!!

2013年 4月 17日 国語力をつける!

 

 

こんにちは!せんげん台校担任助手の笠原です(^o^)

今日は国語の勉強について話したいと思います。

 

みなさんは、どのように国語を勉強していますか?

英語などの他の教科に追われて、ついつい後回しにしがちではないでしょうか?

 

実は、大学受験において最も大切なものの一つは国語力です!!

理系でも、国語力がないと問題を読み違えたり、論理立てて考えることができなくなります。

 

国語力は短期間でつくものではありません。

だから、毎日の積み重ねがとても大事になってきます!

 

毎日新聞を読んで、文章を要約するくせをつけてみて下さい。

時間が無い人は、現代文の文章中に分からない語彙があったら、すぐに辞書で調べてノートにまとめてみましょう!

それだけで文章を速く正確に理解することができます!

 

古文・漢文は、まずは文法書を見直してみましょう!

古文・漢文の単語の意味はしっかりと言えますか?

なんとなく分かる…ではダメです!意味を正確に言えるようにしましょう!

そうすると読むスピードが格段に上がります。慣れたら、古文・漢文を音読してスラスラ言えるまで繰り返してみましょう。

 

地道な努力が国語力アップへの近道です!

ぜひ参考にして下さい(*^^*)

 

2013年 4月 16日 化学の勉強は…

 

こんにちは!せんげん台校担任助手の宮澤です。

今日は化学についての話をしたいと思います。

まず、自分は現在中央大学理工学部、応用化学科に在学中の大学2年生です。

もちろん大学受験では化学を中心とした勉強をしていたわけですが、化学がもともと得意だったわけではありません。

初めて東進で受けた模試では、実は2,3個しか確信をもった解答をすることが出来ず、結果はもちろん出ませんでした。

しかし、入試本番では正直、負ける気がしませんでした!

何故ココまで変わったかといいますと、割り切った勉強をしたからです。

勉強では、とりあえず覚えておかないといけないものが多々あります。

すいへーりーべーぼくのふね…って覚えましたよね?笑

これを覚えてないと解ける問題もとけないんですね!

しかし、理論化学においては、理論をきちんと理解しておくことで、発展問題にもきちんと対応が出来ますし、理解があれば忘れることも少なくなります。

ですので、化学のカギは、

理解するところは理解をきちっとする!覚えるところは覚える!

だと思います。

有機化学でも、完全に暗記する部分があるためそういったものに関しては多くの演習が必要ですし、逆に炭素数を求める等の計算は、演習だけやっていても、ひねられたら出来なくなってしまうため理解が必要です。

当たり前のようで出来ない方も多い気がします。全部の分野を同じように勉強しても、少し無駄な時間が出来てしまうのではないかと僕は思います。

自分の場合は、理解するのは受講(新新スタンダード化学)でして、覚えるものに関しては一問一答を使うという意識をしていました。

 

理解するのに一問一答をただ眺めていても理解するのに時間はかかると思いますし、覚えるのに受講を受けているだけでは、なかなか脳みそは覚えようとしないと思います。

是非、参考にしてみてください!

 

2013年 4月 15日 センター本番レベル模試まで、あと1週間!!

こんにちは 担任助手の川上です!

春休みを終えて1週間程経って、部活もまた忙しくなり、クラスも変わり・・・ と、あわただしさを感じている人も多いのではないでしょうか。

さて、センター本番レベル模試までもうあと1週間となりました! 仮模試の復習は済みましたか?今回できなかったところ復習することで、模試の結果は必ず変わってきます。 うまくいった人もそうでない人も、今回の成績をよく分析して、どこが出来てどこが出来なかったのかをしっかり考えて模試に臨んでください。

4月の模試の重要性は、担任助手の先生方からも十分説明を受けていると思いますが、 ここで結果を出せるかどうかはこれからの受験勉強に大きく影響してきます これはデータにも出ています。

 

自分が現役生のときは、1月から3月までかなり英語に力を入れて勉強したので、4月にはなんとか英語の基礎力をつけることができました 。そして、そこから苦手だった日本史や古文の勉強に重点を置くことができました。 このように、4月の模試で結果を出せれば気持ちに余裕が出て、苦手教科の勉強も効率的にできます。

是非自己ベストを狙って、結果を出してください!

 

2013年 4月 14日 文系数学に立ち向かえ!

こんにちは!担任助手1年の須藤です*

今日はきっと苦手な方の多い文系数学についてお話します!

 

私は国立受験だったので、センター試験で5教科7科目必要でした・・・

もともと得意教科も無く、ほんと大変でしたね(笑)

そんな私が最も出来なかったもの・・・そう!あれです!数学!!!

 

しかし、どんな科目でも嫌いにはなってはいけないと思います。

嫌いになった時点でそのことを何も吸収されなくなってしまいます。

 

実際にセンター試験対策として私が行ったことは

とにかくテキストの基本問題を繰り返し解くことでした

「センター試験対策ⅠA 70%突破」のテキストを使っていましたが、

受講が終わった後は、1学期のテキストの基本問題を

問題を見てどうやって解くのかが頭に思い浮かぶように

何度も繰り返しましたね・・・

東進のテキストではない生徒の皆さんも、チャート等を使って

基礎力を蓄えていきましょう!!

 

 

今やっている基礎が、後々に待ちかまえている

センター試験、私大等の過去問に本当に本当に活きてきますよ☆

焦らず、地道に、力をつけていきましょうね(^^)

 

 

最新記事一覧

過去の記事