ブログ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ 

2013年 4月 15日 センター本番レベル模試まで、あと1週間!!

こんにちは 担任助手の川上です!

春休みを終えて1週間程経って、部活もまた忙しくなり、クラスも変わり・・・ と、あわただしさを感じている人も多いのではないでしょうか。

さて、センター本番レベル模試までもうあと1週間となりました! 仮模試の復習は済みましたか?今回できなかったところ復習することで、模試の結果は必ず変わってきます。 うまくいった人もそうでない人も、今回の成績をよく分析して、どこが出来てどこが出来なかったのかをしっかり考えて模試に臨んでください。

4月の模試の重要性は、担任助手の先生方からも十分説明を受けていると思いますが、 ここで結果を出せるかどうかはこれからの受験勉強に大きく影響してきます これはデータにも出ています。

 

自分が現役生のときは、1月から3月までかなり英語に力を入れて勉強したので、4月にはなんとか英語の基礎力をつけることができました 。そして、そこから苦手だった日本史や古文の勉強に重点を置くことができました。 このように、4月の模試で結果を出せれば気持ちに余裕が出て、苦手教科の勉強も効率的にできます。

是非自己ベストを狙って、結果を出してください!

 

2013年 4月 14日 文系数学に立ち向かえ!

こんにちは!担任助手1年の須藤です*

今日はきっと苦手な方の多い文系数学についてお話します!

 

私は国立受験だったので、センター試験で5教科7科目必要でした・・・

もともと得意教科も無く、ほんと大変でしたね(笑)

そんな私が最も出来なかったもの・・・そう!あれです!数学!!!

 

しかし、どんな科目でも嫌いにはなってはいけないと思います。

嫌いになった時点でそのことを何も吸収されなくなってしまいます。

 

実際にセンター試験対策として私が行ったことは

とにかくテキストの基本問題を繰り返し解くことでした

「センター試験対策ⅠA 70%突破」のテキストを使っていましたが、

受講が終わった後は、1学期のテキストの基本問題を

問題を見てどうやって解くのかが頭に思い浮かぶように

何度も繰り返しましたね・・・

東進のテキストではない生徒の皆さんも、チャート等を使って

基礎力を蓄えていきましょう!!

 

 

今やっている基礎が、後々に待ちかまえている

センター試験、私大等の過去問に本当に本当に活きてきますよ☆

焦らず、地道に、力をつけていきましょうね(^^)

 

 

2013年 4月 13日 日本史の学習の仕方を考えよう!

こんにちは!せんげん台校担任助手の山下です(^^)

今回のブログでは、私は大学で教育学部社会専修に通っていますので、私が第一解答科目として扱った日本史の勉強法法についてお話しようと思います! 

 

東進生ならわかると思いますが、日本史とは歴史の流れ時代の枠組みを掴むことが大切ですよね?

時代の枠組みとは天皇や内閣の順番、時代の中心人物などのことです!

時代の流れとはこの出来事が起こったから次にはこの出来事が起こって、さらにその出来事の次にはこの出来事が・・・。

というように日本史の出来事を順に沿って覚えるということです!

これができていると不思議と模試などに対しても解ける問題がとても多くなります。

実際、私は受験期のほとんどの時間を使ってこの基礎的な部分を完璧にして日本史を得意科目にしました。

 

それをこなすための金谷先生の日本史の授業で書いていく板所はもちろん大切です!

さらにわかりやすくするために、こちらの本も一度読んでみることをお勧めします!!

この本と授業のノートをダブルで使うことで金谷先生の話もすんなり頭に入ってくるはずです。

 

細かい知識をいきなり入れて点数アップを目指している人もいると思います。

しかし、人間は「忘れる生き物」 です。

せっかく入れた知識も頭の中がぐちゃぐちゃで整理できていなければすぐにどこかに行ってしまいます。

だから、知識を入れる箱、つまり「流れ」と「枠組み」を最初に作るのです。

 

この学習から日本史の成績アップは始まります。

焦らずに地道な作業ですが、着実にやれば成果は出ます!頑張りましょう!

2013年 4月 12日 英語の学力向上の秘訣は・・・?

 

 

こんにちは!せんげん台校担任助手の宮澤です。

自分は現在中央大学の理工学部の2年生です。

理工学部ということは理系ですが、大学受験には英語がとても大事です。

数学や理科で差をつけるにはなかなか難しいと思いますが、英語のほうが、比較的差はつけやすいのではないでしょうか。

 

そこで、自分の経験から学力向上について参考にできるものがあれば是非活用してみてほしいと思います。

まず、英語で5,6割をこえられないという方は、おそらく基礎知識を知らないのだと思います。

英語で言う基礎知識は「単語・熟語・文法」です。

これらのものは、知らないと解けない超難問になりますが、知っていれば解ける問題に変わります。

もったいないですよ。知ってるだけで得点になるのですから…

センター試験多いのは、文章は大体読めるけど、問題の選択肢で確信をもって選択できないというところがあります。

それも単語・熟語・文法を知らないがために起こるものです。

まずは単語帳や文法の問題集を一冊完成させましょう!

東進生の方々は言うまでもなく高速基礎マスターを完全修得ですよ!短期集中がとっても大事です。

たらたらやってても伸びません。早くに完全修得をして、何度も何度もトレーニングをして、すぐに答えられるようになったら選択肢を隠してトレーニングをする。

これを怠ったら、夏に基礎を完成させておくことはとても難しいです。まだセンター1800も終わってないひとは焦った方が良いと思いますよ。

高速基礎マスター講座と受講を両立させるだけで点数は着実に伸びていきます。

嘘だと思うなら、これから一か月で単語・熟語・文法を集中してみてください。英語の世界が変わりますよ!

 

とくに、近い話題では4/21に東進で実施しているセンター試験本番レベル模試があります!

ぜひここで現状把握、そして改善をしていくことをしていきましょう!

2013年 4月 11日 生物Ⅰ 勉強法*

こんにちは!昨日に引き続き松尾です^^/

 昨日の単語の話は読んでくれましたか? まだ読んでいないかた、是非読んで見てください!!

英単語の記憶法について載せておきました*

今日は私が大好きな【生物】の勉強法についてお話します^▽^

センター試験の生物で言うと、問題の種類は大きく分けて2種類 【知識問題】【実験考察】の問題に分かれます。

生物受験を考えているみんなに伝えたいことは。。。

センターの知識問題をまずは固めるべし!!

まずは、知識問題でしっかり点数が取れるようにしてください!

そしたら具体的にどう勉強をしていけばいいか・・・?

 ここでみんなに頭に入れてほしいこと^^/

★生物はお絵かきしながら勉強する★

えっ??って思いましたか?

是非皆さん、生物の教科書・資料集・参考書を開いてみてください。

どれにも綺麗な・カラフルな図が載っているはずです!!

その図を何も見ずに、自分で説明しながらすらすら書けるようにすること それが知識問題を固めるおおきなカギです!!

私も現役の頃はお絵かきしまくりました!!

ミトコンドリアの構造・減数分裂の過程・ウニの発生・ヒトの内分泌腺・・・

 

 

 

 

 

 

 

とにかくお絵かきしまくりでした!! カエルの発生を書くときは色鉛筆まで出してきて、色塗りもしてました笑))

 

ここで私のおススメの参考書を紹介します!!

田部の生物Ⅰをはじめからていねいに 田部眞哉(東進ブックス)

 

 

 

 

 

 

 

この参考書ほど図が見やすくて、分かりやすいものはありません!!

この参考書をやりこめば、センターレベルの知識問題なら完全にマスターできます★

 

とにかく!!生物の勉強法で悩んでいる人がいたら お絵かきをしてみてください^▽^/