模試の大切さ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2020年 4月 2日 模試の大切さ

こんにちは!担任助手の水谷です!

昨日、東進ハイスクールせんげん台校では

模試が開催されました

その名も

大塚模試

大塚幸美先生が考えた模試ではなく

大塚幸美先生によって開催された模試です

模試は皆さんにとってどんなものでしょうか?

めんどくさい、成績知るのが怖い

もういいや、寝ちゃえ

このように適当に模試を受けているかたも

多いのではないでしょうか

真剣に受けない模試は

時間の無駄だといっても過言ではありません。

私は自分が受験生だという意識を

しっかり持ち始めたのが

部活を引退した7月くらいからでした。

私はそれまでの模試を全て

適当に受けてきました。

その結果自分はしっかり受けてないから

点数がとれないだけだと

思い上がっていました。

しかし夏休みに勉強をたくさんして

本気で受けた模試の結果は、、、、

惨敗でした。

自分は本当に勉強ができないんだと

気づいたきっかけでした。

ここで気づくのじゃ遅すぎました。

私は結局満足できる結果を

出すことができませんでした。

模試は今の現状をはかり

理想の点数との差を確認することが大事です。

またその差を埋めるために、

次の模試で何をどのようにどのくらい

やらなきゃいけないのかを考え

実行することもとても大切です。

次受ける模試は必ず

本気で受けてください!!

本日の担当は

昭和女子大学人間社会学部

水谷華野でした