最後の最後だからこそ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2016年 1月 23日 最後の最後だからこそ

こんにちは!せんげん台校担任助手の山下です(^○^)

最近はとにかく寒くて家から出るのも嫌になるほどですね…。

この時期は、体を冷やして体調を崩すことが多いので、とにかく温かい服装で移動してください。

そして、また雪が降るので怪我をしないようにしてくださいね!

 

さて、本日は私から国公立大学志望のみなさんへ、今から試験の日までの過ごし方のアドバイスをしていきます!

ポイントは、以下の2点です。

 

①記述だからといって、特別なことを書こうとしない。

 

記述・論述型の試験が多いと思いますが、マークとは違って自分なりの表現で書く必要があります。

しかし、記述・論述だからといって特別なことを書くのではなく、当たり前のことを当たり前に書く練習をしてください。

国公立の試験は、持っている知識をしっかりと表現できているかが問われます。

今まで学習したことを、そのまま解答用紙に置いてくる練習をお願いします!

 

②最後の最後まで、1つでも詰める!

 

国公立の入試は、入試の最後の日程となります。

私大志望の友達の試験が終わってしまって、寂しい思いをするかもしれませんが最後の最後まで1つでも多くの知識を詰められると思っていってください。

1つでも多くの知識を入れて、それを答案に表現するための練習をたくさん積んで、勝負に挑む!

これを最後まで気を抜かずにできれば、十分に合格の可能性が見えてきます。

だからこそ、最後の最後までできることを1つでも多く詰めていってください!

 

この2つがポイントです。

国公立入試は、最後の最後まで気を抜かずに闘えた人が勝ちます。

こだわりを持って、自分の志望校に4月から通っている姿を想像しながら頑張ってくださいね!

 

*新高校1,2,3年生のみなさんへ*

 

今年度のセンター試験が終わり、新学年のカウントダウンが始まりました。

 

学年が切り替わる前に、今からスタートダッシュを切るきっかけを作りませんか?

 

新年度特別招待講習では、無料で最大2講座の映像授業が体験できる期間となっております。

 

東進を体験してみたい・・・

勉強法がわからない・・・

自分ではなかなか勉強に手がつかない・・・

 

こうした悩みを解決できるヒントがあります。

少しでも迷っているなら、まずは行動してみましょう(^^)