☆基礎の大切さについて☆ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 9日 ☆基礎の大切さについて☆

 こんにちは、長谷川です。

最近は、緊急事態宣言も解除されたことで

自由な生活を少しずつ取り戻せてきたのではないでしょうか。

この期間の代償は、夏休みが短くなることだと思いますので

今のうちに全力で勉強しましょう。

さて本題ですが、今日は基礎の大切さについて語っていこうと思います。

第一に言い切ってしまうなら

基礎がなきゃ応用なんてできるわけないだろ

ということですよね。

誰でもわかると思います。

基礎の大切さを木に例えて説明します。

「木の幹」を基礎、「枝葉の部分」を応用に例えてます。

基礎である幹を育てれば全体の土台がしっかりするため、

応用である枝葉もあらゆる方向へ伸びていき、

細分化していく可能性を秘めています。

しかし、応用から伸ばそうとする(枝葉から伸ばそうとすると)

土台である幹からの栄養が補給されず、

細くて不安定になります。

成長もその枝の方向性にしか伸びません。

枝からは細い枝にしか派生していかず、

すぐに成長が終わります。

すなわち、応用ができればいいからと

応用からやろうとすると

最初はいいかもしれないけど

そのうち成長しなくなってしまう

ということです。

皆さんにはそのようになってほしくないので

一から基礎から頑張りましょう。

この夏が基礎を補給する最後のチャンスです。

頑張りましょう!!!!!!!!!!

今回の担当は

慶應義塾大学理工学部数理科学科二年長谷川彩花でした!