分析の大切さ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2020年 4月 5日 分析の大切さ

こんにちは

担任助手の山田です。

受験本番まであと10ヶ月を切り、

皆さん受験勉強に

精を出していること思います。

私は高校2年になるときに

東進に入学し、

生徒2年間、

担任助手2年間の

合計4年間、

東進に身を置いてきました。

その4年間を振り返り、

私が受験で1番大切だと思うこと

今日は話します。

私が思う受験で1番大切なことは、

「分析」

です。

皆さん、定期的に模試を受験していると思います。

受験後、

何をしますか?

復習して終わり、

になっていませんか?

たしかに復習はとても大切です。

復習しないと今後似た問題が出てきたときに

解けませんからね。

ただ、

復習すると同時に分析をしてほしい。

目標と自己採点の差は何点なのか?

その目標との差は

何が原因で生じてしまったのか?

その差を埋めるために、

いつまでに何をどのようにして

勉強していくのか?

これを科目ごとに考えて

実行に移してください!

それが模試を最大に活用する方法であり

第一志望への1番の近道です!

模試ももちろん、

過去問でも分析を徹底してください!!

過去問を解く前に目標を設定して、

過去問を解いたらそのたびに復習

分析を徹底してください!

残り受験までおよそ9ヶ月半

頑張ってください!

本日の担当は、

芝浦工大 工学部 3

山田凌一でした。