☆過去問と単元ジャンルの両立の仕方‪☆ | 東進ハイスクール せんげん台校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 10月 5日 ☆過去問と単元ジャンルの両立の仕方‪☆

こんにちは!

担任助手1年の佐竹です。

早くももう10月になりましたね。

今年もあと3ヶ月です!

私も大学生になり6ヶ月が経ったわけですが、

未だに実感が湧きません。。

高校生の時にしか味わえない

楽しみがあったなあと

今になって思います。

受験生の皆さんも

低学年の皆さんも

限られた友達との時間を

大切にしてくださいね!!


さて、

今日は東進生向けに

過去問と単元ジャンルの両立の仕方

についてお話します。

単元ジャンルとは

今までの模試や過去問のデータをもとに、

AIがその人にとって必要な単元、

苦手な単元を絞って演習セットを

提供してくれる東進のコンテンツのことです!

苦手を寄せ集めた問題集なので、

なかなか進まなくて大変だと思いますが、

乗り越えた先には

苦手を集中的に潰すことができます!


両立の仕方について話を戻します。

まず、過去問は

自分の実力を知る指標

として使いましょう。

そして、

自分の苦手を再認識し、

単元ジャンル別演習をどんど行い

苦手を潰すということをします。

期間を決めて再び過去問を解き、

自分の伸び率を可視化することで

過去問と単元ジャンルを効果的に使っていきましょう!


今日の担当は

法政大学国際文化学部1年佐竹遥香でした。