☆第1志望過去問の分析の仕方☆ | 東進ハイスクール せんげん台校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 7月 24日 ☆第1志望過去問の分析の仕方☆


こんにちは!

担任助手1年の横山です。

ついに受験の

天王山

である

夏休み

に入りました。

毎日

朝登校

できていますか?

受験生のみなさんは、

この夏休み中に

第1志望の過去問を

10年分

解くことになっています。

そして、

過去問を解くにおいて

最も重要なのは、

復習・分析

です。

ただ1回解くだけで

終わらせてしまったら

全然意味がないし

勿体ないです。

しっかり分析することで

相手を知ることが大事なのです。

だから本日は、

第1志望過去問の

分析の仕方

についてお話しようと思います。


分析シートに

書くことは、


①出題内容


②大問ごとのかかった時間


③点数、正答率


④問題点・改善点


⑤解決策


⑥全体所感・感情


⑦次回解く時に意識すること


です。

特に自分の問題点

知ることが大事です。

何が原因で間違え、

それを正解できるようにするには

何の力が必要なのか。

それを今後の勉強に

いかすことで、

どんどん力がつき、

第1志望の過去問でも

点数が取れるようになります。

また、

書いた分析シートを

次に過去問を解く前に見返し、

前回の反省点を

意識しながら

解くのも重要です。

解決策と志望校対策を

万全にして周りと

差をつけましょう!


本日の担当は

明治大学商学部1年の

横山空菜でした。