☆担任助手紹介➀☆ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2021年 4月 25日 ☆担任助手紹介➀☆

こんにちは!

担任助手2年の樋口弦です。

最近は夜の空気が夏っぽくなってきたと感じています。

これわかってくれる方いたらうれしいです。(笑)

簡単に自己紹介をすると、

自分は現在、慶應義塾大学商学部に通っています。

高校は県立春日部高校に通っていて、

陸上競技部に所属していました。

東進には高校1年生の夏に入塾しました。

その時は全く大学受験に関する知識・将来に夢がなく

漠然と勉強をしないといけないと考えていました。

しかし、東進に入ったことで大学受験の知識を得て、

将来の夢を見つけることができました。

自分から高校生の皆さんにお伝えしたいことは、

大学受験は

「早期スタート」

「情報」

がカギになってくるということです。

大学受験は言うまでもなく全国規模の試験です。

高校入試とは比べものになりません。

そのため、全国のライバルと争っていく中で重要なものは

上で挙げた2つのことなのです。

受験勉強を早く始めることは、

それだけ

基礎・基本を徹底することができる

ということです。

周りよりも早く基礎を完成させて、

早くから演習に取り組むことができれば

大学受験において敵はいません。

もう1つの「情報」とは

自分が行きたい大学を幅広い選択肢から選び、

その大学情報を細かく知るということです。

どんな大学があるのかをよく知らないまま志望校を決めてしまうと、

受験期のモチベーションの維持が難しくなります。

対して、入念に調べて

自分が最も行きたい大学を見つけることができれば、

勉強のモチベーションを

高く保ったまま受験勉強をすることができます。

また、

行きたい大学の入試情報を知ることも重要になってきます。

大学によって

入試で必要な科目・科目ごとの配点は異なってきます。

そういった情報を知り、

対策をすることも志望校合格へのとても有効な手段となります。

以上のことが自分が大学受験を経験して大事だと思ったことです。

これらを実行するためにも

まずは、受験勉強への第一歩を踏み出すことが重要です。

このブログが、

なかなか踏み出せないでいるキミの

一歩を踏み出すきっかけになったらうれしいです!

校舎でお待ちしています!

本日の担当は慶應義塾大学 商学部 樋口弦でした。