☆志望校に合格する受験生の共通点☆ | 東進ハイスクール せんげん台校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 10月 12日 ☆志望校に合格する受験生の共通点☆

こんにちは!せんげん台の四戸です!

2022年も10月に入り80日後には2023年です。

恐ろしいですね。

みなさん2022年に悔いを残さぬよう

今日も1日頑張っていきましょう!

私も残りの大学生活、

生徒指導と研究活動

頑張って参ります!

久しぶりの投稿となった今回は

「第一志望に合格する生徒の共通点」

について話していこうと思います。

 

今までに約400人くらいの受験生を

見てきて共通する点は

大きく3つです。

1つ目

「残された時間を把握し、

合格から逆算した計画を

立てられている」

です。

ここでポイントなのが

「残された時間を把握しているか」

ということです。

仮に共通テストまで残り90日とします。

高校2年生は+365日すればいいですね。

この数字は皆さんが1日中

寝ることなく使える

まやかしの時間です。

ここで毎日英語を1時間

勉強するとします。

そうすると

英語の勉強時間は

本番まで残り90時間です

これは皆さんが寝ずに4日間

勉強した時間とほとんど変わりません。

こうやって科目毎に計算してみると

あれ、時間なくね??

となります

そのことを把握した上で

合格から逆算しやるべきことを明確にして

1日1日を過ごしましょう

2つ目

「自分が掲げる志望校や目標を

言葉にしている」

です。

言霊とも言いますが

言葉には魂が宿ります

「○○大学に行きたいな~」

「○○大学くらいには合格したいな~」

こんなこと言っている人が受かるわけないです。

気持ちで負けてると言っているようなものです。

「絶対に○○大学に合格する」

と、実現したいことは言葉にしましょう。

3つ目

「常に感謝の気持ちを大事にする」

です。

勉強ができているということ

学校に通えているということ

なんなら予備校に通えているということ

大げさかも知れませんが

周りの環境、支えてくれた人に

感謝の気持ちを持って

物事に取り組んでいる人は

自分の軸を持ち、甘えずに

夢を叶えていると感じます。

いろいろ合格する生徒の共通点を話しましたが

合格率を最大化するためには

1日でも早くスタートすることが大切です

これを見て頑張ろうと思ってくれた人は

今日から頑張っていきましょう!

せんげん台校では個別相談をいつでも行っています

勉強に対して不安や悩みがある人はいつでも相談してください

 

本日の担当は

芝浦工業大学院 理工学研究科の

四戸 悠貴でした!