☆受験生HRがありました☆ | 東進ハイスクール せんげん台校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2021年 12月 16日 ☆受験生HRがありました☆

みなさんこんにちは!

東進ハイスクールせんげん台校担任助手の笠原です!

 

ついに、大学入学共通テストまで残り一ヶ月を切りました。

この一ヶ月の過ごし方は受験の合否に大きく関わります。

共通テスト本番までの限られた時間を

戦略的に活用していくために、

本日は、12/13,12/14に行った

受験生HRの内容について

大きく3つに分けて話していきます!

 

①共通テスト対策と二次私大対策の勉強割合

12日に行われた最終共通テスト本番レベル模試の結果や、

第一志望校の共通テストの重要度によって、

共通テスト対策二次私大対策

勉強割合は変えていく必要があります。

全員に共通することとしては、

年内は全科目を均等に勉強するのではなく

伸びしろが大きい科目

苦手範囲や苦手科目

多く時間を掛けましょう。

ただし1月以降は

全科目を均等に勉強するようにしましょう。

 

②冬休みの過ごし方

毎日登校や朝登校など、

基本的なことを徹底するとともに、

第一志望校の過去問二周目や併願校過去問など、

終わっていない過去問演習は

年内に終わらせるようにしましょう!

1月からはほとんどの時間を

共通テストの対策に使うことになるので、

過去問演習は年内で一度やり切る

ことが大事です!

 

③千題テスト

直前期になると基礎基本をおろそかにする人が多くなります。

基礎の最終確認の意味も込めて

12/28、29の地歴千題テスト

12/31の英語千題テスト

に向けて基礎基本を完璧にしましょう!

また、この千題テストは復習までしっかりやることで、

初めて意味があるものになります。

ぜひ千題テストをフル活用してください!

 

直前期は不安になることも多いと思います。

しかし、今の時期が

今までの頑張りが直接得点に結びつく時期です。

最後まで第一志望校を諦めず、

戦略的かつ全力で

勉強に臨んでほしいと思います!

 

みなさんが共通テスト本番で

過去最高の結果を残すために、

私たちも全力でサポートしていきます!!

 

以上、本日の担当は宇都宮大学2年の笠原でした。