☆受験生へのメッセージ☆ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2021年 1月 7日 ☆受験生へのメッセージ☆

 

こんにちは!

担任助手2年の堀川です。


最後に受験生への応援メッセージがあるので、

受験生の方は下を見てください!

あけましておめでとうございます。

私は、2020年で20歳になり、大人に仲間入りしました。


2021年は、就職活動もはじまるので、

やるべきことをやりきり、

理想の自分になるための1年にしたいと思っています!

皆さんの抱負はなんでしょうか?

部活で良い成績を残す!など色々あると思いますが、

勉強を頑張る!という方も多いんじゃないかと思います。

 

生はずっと勉強ですが、

高校生の皆さんは、まず大学受験に向けて

勉強を頑張ると思います。

ただ、成績を伸ばすためには、頑張るのではなく、

やはりいつまでにどれをやりきるかということが大切です。

高3生から過去問や志望校対策をやることになります。

実は、過去問志望校対策は合否に大きく関わってきます。

もちろん、過去問や志望校対策では、

各教科高校の全範囲から出題されます。

各教科全範囲の基礎が終わっていない状態で、

過去問が解けるでしょうか??

例えば、日本史の明治時代の学習をしていない状態で

過去問を解いた時、明治時代が出てきたら、

まるまる手が付けられない、

そのようになってしまうかと思います。

高2生の3月に受験科目の基礎を終わらせたら、

過去問や志望校対策にスムーズに入れますよね!!

高2生の3月までに基礎を完成させ、

高3生の4月からは過去問や志望校対策に入ることが出来れば、合

格が大きく近づくんです!

高2生の3月までに基礎の完成を目指しましょう!!

そこで、1つの目安になるのが共通テストです。

共通テストは受験生が1月に受けるテスト、

難しそうと思われる方も多いと思います。

でも実は、共通テストは基礎から問題が出題されます。

つまり、共通テストで基礎の完成具合が測れるんです!!

実は、受験1年前の共通テストの結果と合否って

相関関係が大きいのです。

先程も書いたように、

高3生で過去問や志望校対策が

どれだけできるかが合否に関わる、

そのためには高2生のうちに基礎を完成させる必要がある、

その基礎が測れるのが共通テスト、

1年前の得点が合否に大きく影響する、

これは自明だと思います。

東進ハイスクールでは”共通テスト同日体験授業”というものを行います!

今年は1月16日17日に受験生が共通テストを受験しますが、

新高1.2生も同じ日に同じ問題を体験するものが共

通テスト同日体験受験です。

体験受験に参加して、

自分がどこまで基礎を完成させられているのか、

完成させるべき科目や単元は何なのかを知り、

高2生で基礎が完成させられるようにやるべき事を明確にしましょう!!

体験受験は無料で参加できます!!

上のバナーからぜひお申し込みください!!!

最後に受験生へ

受験勉強をした期間は本当に人それぞれだと思います。

私も2年前に受験生でした。

数学は得意でしたが、英語が本当に苦手で

12月の最後の模試でも目標得点とは50点も差がありました。

もう無理、受からない、全部落ちるんじゃないか、

大学生になれるのかな、ととても不安でした。

でももうこのまま突き抜けるしかない!!

そういう思いで試験が始まる時までもがきました。

諦めるのは簡単です。

でも諦めたらそれより上にいけることはありません。

最後まで上を目指して、自分のベストを尽くして欲しいです。

私は、大学生になって、

自分の好きなことを勉強したり、

私は担任助手をやらせていただいて、

沢山の生徒と関わらせてもらったり、

色んなプロジェクトに関わらせてもらい自分の成長を感じたり、

高校生の時より行動範囲が広がりたくさんのところに行ったり、

趣味を見つけたり、本当に楽しくて充実しています。

大学生に希望を持って、自分の理想の大学生になれるように、あ

と少し、もう少しです、最後まで頑張って欲しいです。

春日部校からせんげん台校に移動し、

本当にたくさんの受験生に出会いました。

そのみんなが笑顔で受験を終えられたら嬉しいです。

長くなりましたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました!!