☆全国統一高校生テストに向けてやるべきこと☆ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 5日 ☆全国統一高校生テストに向けてやるべきこと☆

 

こんにちは!宇都宮大学 地域デザイン科学部 コミュニティデザイン学科 1年生の笠原花華です。


みなさん、6月には大切な模試があるのをご存じでしょうか。
6月21日(日)の全国統一高校生テストです!!

そこで、今日は私から全国統一高校生テストに向けてやるべきことをお話しようと思います。


1.目標を持つこと
目標を持つことは本当に大切なことです。目標を定めることで現状の分析が可能になり、

今するべきことが明確になります。また、勉強を頑張っていくための原動力にもなります。

どの教科でどのくらい得点し、全体ではどのくらい点を取りたいのかをはっきりさせましょう。

2.基礎の徹

基礎がなっていないと応用的な問題は解けないことはもちろん、

ほかの受験生との差も開いてしまうこととなります。

まだ基礎が固まりきっていないと思う人は、

全国統一高校生テストまでにやりきるつもりで取り組みましょう。またそうでない人も、

高速基礎マスターなどを上手く活用し今一度基礎の徹底を図りましょう。

3.時間配分を意識
いくらその問題が解けたとしても、それが制限時間内でなければ意味がありません。

本番で後悔しないために、

もどの大問でどのくらいの時間をかけるかの目安や問題を解く順番を考えておくことをお勧めします。

受験生であれば過去問演習のときに試してみるのもよいでしょう。

4.苦手範囲を集中的に勉強
模試までに苦手な範囲を一度集中的に勉強し、つぶしてしまいましょう。

然的に得点アップにもつながると思います。

また、あまり使わない公式であったり、

主要科目以外の復習もできる人はやってほしいと思います。

 

これらのことを意識して模試を有効的に活用し、自分の学力アップに役立てましょう!