☆インプットとアウトプット☆ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 28日 ☆インプットとアウトプット☆

こんにちは!埼玉大学教育学部1年の水島です。

本日は、インプットとアウトプットについて

話していきたいと思います。

皆さんも分かると思いますが、

受験勉強において

インプット→アウトプットの順番で

勉強していくことは大切です。

例えば暗記科目で、 何も用語が分からず、

知識も入っていない状態で

問題を解いてもあまり意味はありませんね。

学校で授業を受けている限り、

何も知識がない状態で

問題を解くということはあまりないと思いますが…

学校の授業だけで

全て完璧に覚えられる人は

なかなかいません!!

そこで、

まずはインプットの仕方について

話したいと思います。

英語のインプットの仕方として、

東進では高速マスター基礎力養成講座

あります。

単語、熟語、文法を

インプットするための最強のツールですね。

暗記科目の地歴公や理科科目は、

まず用語を頭に入れましょう。

私は受験期、

よく売っている赤シートで隠れる緑のペンを使い、

東進で受講した講座のテキストを読み込んで

暗記していました。

歴史は時代の流れが大切になってくると思うので

教科書の内容を全て暗記する勢いで、

読み込むのも良いと思います!
 

そして次はアウトプット!

演習は繰り返し。

何度も何度も問題を解いてください。

インプットだけしても、

演習をしてなければ点数は伸びません。

とにかく回数をこなしましょう。

共通テストに関しては、

その形式に沿った対策をするのが

絶対に効果的です。

東進生は、過去問演習講座を最大限に活用しましょう。

センター試験から共通テストへ変わる

最初の年だからこそ、

共通テスト形式の対策を

しているかしていないかで

差がつきます。

さぁこれを見た皆さんは

今この瞬間から本気になりましょう!!

以上!

本日の担当は担任助手1年水島でした。