☆新担任助手紹介~笠原先生~☆ | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2020年 4月 17日 ☆新担任助手紹介~笠原先生~☆

 

こんにちは!新しく担任助手になりました、

宇都宮大学・地域デザイン科学部・コミュニティデザイン学科の笠原花華です。

ハナハナと書いてハナと読みます。

 

私は大宮高校出身で、

バスケットボール部に所属していました。

19時まで部活をやると家に帰るのは21時前になり、

疲れて勉強はほとんどテスト前しかやっていませんでした。

しかし、受験への焦りと国公立の大学に通うために、

高校2年の10月に東進ハイスクールに入塾しました。

 

東進にはグループミーティングというものが存在しますね。

私は入塾直後、グループミーティングの意義を理解していませんでした。

しかし、3年生になって新しく始まったグループミーティングは

私の受験を大きく変えたと思っています。

担任助手の先生は本当に親身になって相談にのってくれ、

グループミーティングの仲間は1番近いライバルとして

切磋琢磨して高め合う存在となりました。

そして何より自分自身を分析し、先を見据えて計画する力

それを実行する力がついたと感じます。

特に直前期は頻繁に自分の計画を見直していたと思います。

やみくもに勉強して学力が伸びるのには限界があります。

何をするかを考える時間はムダな時間ではなく、重要な時間です。

皆さんがしっかり自己分析ができるようになるように、

また最後まで努力し続けられるように、

私も考えながらサポートしたいと思っています。

 

次に、受験を終えた今、皆さんに伝えたいことを話します。

 

まず、「素直になる」ということです。

校舎で全体に課された期限やノルマはしっかりと守る、

など基本的なことです。

少なくとも高校生の皆さんより、

東進ハイスクールは大学受験の情報も経験も豊富ですので、

これは案外重要なことです。

そして、「感謝の気持ちを忘れない」ということです。

東進に通うためにも多くのお金がかかります。

受験をするためにも、大学に入ってからもお金は必要です。

自分は東進に通わせてもらっているということを忘れてはいけません。

1志望校に合格することが親御さんへの1番の恩返しです。

 

合格に向けて共に頑張りましょう!!

これからよろしくお願いします!!!