記述数学で点を取るには、、、 | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2017年 9月 8日 記述数学で点を取るには、、、

こんにちは!担任助手の四戸です!!

夏も終わり自分の進路へまっしぐらに勉強する時期です。

そこで、そろそろ手を付けているであろう 2次・私大の数学 について

理系として、自分から話をしたいと思います。

センター試験の数学と大きく違う点は記述問題があることです。

2020年には入試制度が変わり記述の問題が中心になると言われています。

今の世の中の大学は記述力を求めているというわけです。

そこでどういう風な対策を立てていけばよいか、、、

 

それは、ズバリ!思考の言語化です!!

数学が他の教科と違う点は一から解答を導くという点です。

自分の考えでは答えが出せていても、相手に伝わらなければ意味がありません

しっかりと相手に伝わるように段取りを踏むことが大切です

数学では新しい文字で置き換えたり、代入したり、場合分けを良く行います。

この際に、何を何で置き換えたのか、何を何に代入したのか、どういう状況化で場合分けしたのか

細かく書かなければ採点者には伝わりません

このように、解答の軸となる文章表現が書かれていないと大きく減点されてしまう恐れがあります

しっかりと採点者に伝わるような解答を心がけていきましょう!

また、もう一つ大切なことがあります

それは、敵を知るということです

大学によってよく出る問題があります。

しっかりと傾向を掴み、対策を立てることが合格への道です!

今は解けない問題も解けるようにしなければ合格は掴めません

一度解いた問題は解けるようにすること!

粘り強く頑張っていきましょう!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

~校舎からのお知らせ~

夏休みが終わったので、閉開館時間がかわります。

平日11:30~21:45

土曜10:00~21:45

日曜8:30~19:00

*せんげん台校からのお知らせ*

せんげん台校では体験授業や個別相談を実施しています。詳しくは下のバナーをクリック!