受験生にインタビュー! | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2017年 3月 3日 受験生にインタビュー!

こんにちは!担任助手の藤井です!

 

今日は実際に志望校に合格した高校3年生の話をしたいと思います。

春日部東高校のNくんです。彼の合格大学は

芝浦工業大学 工学部(第一志望校)

東京電機大学 工学部

の2つです。彼の素晴らしいところは、この2つの大学をセンター利用入試で合格を勝ち取ったところにあります。

センター利用入試とは、センター試験の結果だけで合否が決まる入試方法です。一般入試よりも募集定員が少なく、合格するためには、センターの得点率が高くないといけません。彼は、その入試方法で合格を勝ち得ました!!

 

受験が終わった後に話を聞いてみると、繰り返し繰り返し学習していくことが、点数アップに繋がったと言っていました。理系科目は演習をしていかないと、概念理解は出来ていても、テストで自分のものにして使いこなせないときがあります。特に彼は、物理の点数が伸びなくてこのままでは合格点にいかないと思ってから、短期間集中でひたすら物理の問題を繰り返し解いたそうです。それが物理の根本的な理解に繋がり、点数の伸びに繋がったといいます。でも、その時期が、高3の一月だったため、もっと早くやっていれば、もっと物理の点数が伸びたと思うとも言っていました。

 

繰り返し繰り返し、何度も演習の量をこなすことが大事。でも、どれだけこのことに早く気づいて始めるか。ここが重要だと思います。選択科目は始める時期が遅くなりがちです。早めのスタートが出来るように、春休みから基礎を固めていきましょう!!