二次私大対策としての模試! | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2016年 9月 19日 二次私大対策としての模試!

こんにちは、担任助手の小林です。

皆さん9月に入ってから、センター試験から二次私大の過去問に切り替わった人が多いと思います。

一度センターと二次私大の違いを比べてみましょう。

二次私大の問題形式は、センター試験と比べると筆記の量が増えたり、選択肢が曖昧になったりと苦戦していることでしょう。

ですが、センターレベルの問題を解き始めたときのことを思い出してみてください。

初めてセンター形式の問題を解いたとき難しく感じませんでしたか?

学校のテストと比べて選択肢が曖昧だとかんじませんでしたか?

今皆さんが思っている気持ちは、センター試験の過去問をたくさんやる前=夏休み前の気持ちと一緒です。

そしてセンター形式に慣れてきた結果を試す場として8月センター試験本番レベル模試を受けたと思います。

そして現在二次私大対策を進めている皆さんにとって9月の有名・難関大本番レベル模試は、今後の二次私大対策における大事な道しるべとなる模試です。

二次私大のレベル・出題形式・解答時間などなど・・・センターとは違う条件に慣れていくための大事な模試なので受験するようにして下さい。

なかには難しすぎて解けないから受けたくないと思う人もいるでしょう。

しかし、今後皆さんが立ち向かっていかなければならないレベルは有名・難関レベルです。

そのためにも自分の現状を知るために全力で受験しましょう。

 

**校舎からのお知らせ**

後悔ない秋にしたくありませんか?

今なら、全国統一高校生テストに無料招待!

センターレベルの問題を無料で受けられます!

今の自分を把握して、今後の学習の指針にしましょう!!

お申し込みは下の画像をクリック↓

 

*各お申し込みは下の画像をクリックしてください*

最新記事一覧

過去の記事