センター試験本番レベル模試まであと1週間! | 東進ハイスクールせんげん台校|埼玉県

ブログ

2017年 6月 18日 センター試験本番レベル模試まであと1週間!

こんにちは!せんげん台校担任助手の福田です!

最近は気温の上昇が著しいですね・・・

部屋にエアコンが無い福田にとっては

毎夜溶けそうになります。

 

そんな話しはさておき、東進生のみなさん。

6月のセンター試験本番レベル模試

近づいてきましたね!

 

みなさんはこの模試をどのように位置づけているでしょうか??

ただなんとなく受けているのでは模試の意味が半減されてしまいます。

 

自分は模試を受ける時には必ず以下の2つのことを意識していました。

①なぜこの模試を受けるのか。その意義を考える。

②ヤマをはる

 

これからそれぞれの説明をしていきたいと思います。

 

①この時期から夏以降にかけて、模試の数は飛躍的に増えていきます。

東進の模試だけでなく、他予備校の模試、学校で受験する模試など。

しかし、これら全てを受験するのはナンセンスです。

貴重な1日を使って、模試を受験するのであれば

それ相応の目的が必要だと思います。

そういう理由で、私は

「なぜこの模試を受けるのか、この模試を受ける意義は?」というところを

問い続けていました。

今回の6月模試も同じです。

「なぜ、この6月模試を受験するのか。」

6月模試の位置づけをしっかりしていきましょう。

 

②ヤマをはる。

この表現に少し疑問を抱いた方も多いのではないでしょうか。

「定期テストじゃないんだから、ヤマなんてはってられないですよ!」

という声が聞こえてきます。

では、こう言い換えてみたらどうでしょうか。

 

ヤマをはる⇒学習のポイントを絞る。

 

言いたいことしてが見えて来ましたか??

学習のポイントを絞って勉強をする。

これを1つ1つの模試ごとにやっていくのです。

1分野で配点の約20%~30%をカバーできると想定してみましょう。

すると、模試を受けるごとに自分の総合力がみるみるうちに上がってくるのが

わかるはずです!

また、ポイントを絞って勉強をしたうえで出た結果であれば、

「自分の勉強のどういったところが点数アップに繋がったのか」

逆に「この勉強の仕方はもっと改善することができる」といったところが見えてくるはずです。

ヤマをはることはいいこと尽くし!

是非、実践してみてくださいね!

 

 

*せんげん台校からのお知らせ*

せんげん台校では高3の部活生対象に部活生特別招待講習を実施しています!

部活を頑張りながら勉強も頑張りたい!というみなさん!

是非お申し込みください!

その他お申し込みは以下のバナーをクリックしてください!